現代のインポテンス環境ライフ

インポを改善を試み更なる飛躍を届ける - クリニックの受診相談

クリニックの受診相談

ED(勃起不全)は比較的男性ならだれでも気になっている問題です。

年配の人だけでなく20代や30代の若い男性でも何かしらの悩みを抱えていることが多いと言われています。

私も、30代ながら、お付き合いを始めた女性と性交渉をするにあたって、思い通りに身体が言うことを聞かず何度も歯がゆい思いをしていました。

気持ちは確かで、相手の女性を楽しませたい思いがあるのに、自分が原因で中途半端になってしまい、「気にしないで。
」と言われながらも何度も続くと申し訳ない思いでいっぱいでした。

次のときもまた、同じことを繰り返してしまうプレッシャーからますます萎縮してしまい悪循環です。

相手の女性に対する気持ちは確かなのに、それだけの理由でお互い気まずい思いが続くのは悔しいと思い勇気を出して勃起不全対応のクリニックを受診しました。

非常に抵抗があった中、受診してみると、問診だけで「性交渉に何らかの支障がある場合は勃起不全と診断され、薬による治療で改善できる。
」と相談に乗って頂き、複数の治療薬を試して克服することができました。

相手の方も自分も満足できたということが自身になり、だんだんと薬を飲まなくても大丈夫そうなとき、今日は薬でサポートしたほうがいいときがわかるようになり、関係は少しずつ前に進んでいると思います。

同じような悩みを持っている方は、思っているよりぜんぜん抵抗がないのでぜひ勃起不全、男性機能不全対応のクリニックを気軽に受診して心配事を減らして下さい。

勇気を出して受診してみよう

私の旦那さんが勃起不全になり病院治療を始めました。

そこでお医者さんから聞いた話を書くことで他に悩んでみえる方の少しでもお役に立てれば幸いです。

イメージとしては歳をとることで男性機能が低下して発症するというのが強いと思います。

しかし必ずしもそうとは限りません。

不規則な食生活であったり、過度なストレス、お酒の飲み過ぎなど生活習慣の乱れが密接に関係していることが多々あります。

また高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病にかかり勃起不全になる方も少なくありません。

恥ずかしさからなかなか病院へ行くことをためらう方も多いかと思いますが、私の旦那さんは病院へ行くことで少しずつ改善されてきています。

治療方法はその人のタイプによって異なりさまざまなものがあります。

薬をベースとして行う治療をいくつかご紹介します。

まずホルモン減少による方には男性ホルモンを投入するホルモン療法が主流です。

糖尿病や高血圧症を発症している方の場合は、ED治療薬とあわせてそれらの投薬治療も行います。

手術による治療もあります。

人工陰茎をいれるものです。

また若い方に多いのが精神的プレッシャーからくるものが挙げられます。

こういった場合は投薬とともに心理カウンセリングも行います。

はじめての際に失敗したトラウマから勃起不全になる方も多いので精神分析を行います。

まだまださまざまな治療法がありますが、まずは自分がどのタイプなのか知るのが大事です。

勇気を出して一度受診してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C)2015 www.theinkstudio.com All Rights Reserved.